Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長

Kasperskyと国際刑事警察機構(インターポール)は、サイバー犯罪の捜査に関する協定をあらたに5年間延長することで合意した。

サイバー犯罪の捜査における両者の連携を強化するため、協定を5年間延長。2014年に契約を締結してから延長は2度目となる。

今回の合意により、Kasperskyはインターポールに対して、最新のサイバー犯罪捜査に関する人的支援やトレーニング、脅威情報を提供する。

またあらたな同意に基づき、同社はサイバー犯罪の研究に関する情報を共有。サイバー犯罪防御への取り組み強化を目的としたフォレンジック関連ツールを提供していく。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE