Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動

Zoom製ウェブ会議ソリューションのMac向けクライアントソフトにおいて、特定のURLへアクセスさせるだけでウェブカメラを起動できる脆弱性が明らかとなった。同ソフトをアンインストールしている場合も影響を受けるという。

同ソフトにおいて、特定のURLへアクセスしたユーザーに対し、ビデオカメラをアクティブにして強制的にビデオ会議へ参加させることが可能となる脆弱性「CVE-2019-13450」が判明したもの。無効な呼び出しによってDoS攻撃が可能となる「CVE-2019–13449」もあわせて明らかとなった。

同ソフトは、APIによる操作が可能なウェブサーバがローカル環境で動作。クライアントをアンインストールしてもウェブサーバは削除されず、要求に応じてクライアントソフトが再インストールされるため、一度利用したユーザーは脆弱性の影響を受けるという。

同脆弱性は、セキュリティ研究者のJonathan Leitschuh氏が発見し、3月26日にZoomへ報告。報告後90日が経過したことから、7月8日に公開に踏み切った。同氏によれば、脆弱性の報告後、同社より金銭を提供するかわりに修正後も脆弱性を非公表とする提案を受けたが、断ったという。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も