Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート

Juniper Networksは、同社製品向けOS「Junos OS」をはじめ、複数製品向けに脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

「Junos OS」に関しては、telnetクライアントの環境変数の検証が不十分でバッファオーバーフローが発生する「CVE-2019-0053」や、「BGPピア」をリスタートした際にクラッシュする「CVE-2019-0049」を修正した

さらに同OSに起因し、「EX4300シリーズ」でサービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2019-0046」や、「Embedthis Appweb Server」においてサービス拒否が生じる2件の脆弱性、また「OpenSSL」や「OpenSSH」に関する脆弱性へ対応している。

そのほか、「Steel Belted Radius Carrier Edition」における21件の脆弱性や、「EX4300シリーズ」において一定条件下でファイアウォールによるフィルタが失敗する脆弱性「CVE-2019-0048」を解消。

「SRXシリーズ」の「JSF/UTMモジュール」においてHTTPパケットを解析時にクラッシュする「CVE-2019-0052」、「Juniper Secure Analytics(JSA)」「Junos Space 19.2R1リリース」などの脆弱性を対処している。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「Cisco DCNM」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意