Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散

誤って実行し、「CrescentCore」が感染するとログイン時など定期的に起動するよう設定を変更。さらに不正ソフト「Advanced Mac Cleaner」をインストールする亜種も確認されているという。

主要なセキュリティ対策ソフトが利用されている環境ではすぐに終了し、活動を隠ぺいする機能を搭載。仮想マシンで起動された場合には、本来とは異なる挙動をするなど、解析を妨害する機能を備えていた。

同社は、2020年に「Adobe Flash Player」のサポートが中止となることから、多くのサイトが移行を進めていると指摘。正規ソフトに関しても、2019年の段階ではインストールそのものを避けるべきであると述べている。

また、マンガに限らず、ソフトウェアや映画など、本来無料で配布されることのない著作物のダウンロードリンクを提供する著作権侵害サイトでは、マルウェアの配布のほか、詐欺など有害なリンクが多く含まれているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に