Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散

誤って実行し、「CrescentCore」が感染するとログイン時など定期的に起動するよう設定を変更。さらに不正ソフト「Advanced Mac Cleaner」をインストールする亜種も確認されているという。

主要なセキュリティ対策ソフトが利用されている環境ではすぐに終了し、活動を隠ぺいする機能を搭載。仮想マシンで起動された場合には、本来とは異なる挙動をするなど、解析を妨害する機能を備えていた。

同社は、2020年に「Adobe Flash Player」のサポートが中止となることから、多くのサイトが移行を進めていると指摘。正規ソフトに関しても、2019年の段階ではインストールそのものを避けるべきであると述べている。

また、マンガに限らず、ソフトウェアや映画など、本来無料で配布されることのない著作物のダウンロードリンクを提供する著作権侵害サイトでは、マルウェアの配布のほか、詐欺など有害なリンクが多く含まれているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート