Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客メアド7676件が流出、システムトラブル原因か - Looopでんき

Looopは、電力小売事業「Looopでんき」において、イベントの案内メールを送信する際に不具合があり、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

6月28日17時半ごろ、「真夏の節電大作戦2019、開始のお知らせ」との顧客向けメールを送信する際、不具合が発生した。

委託先がメール配信システムを利用したがトラブルが発生。7676件のメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態になったという。

同社は詳細について調査を進めている。また今後不具合の解消が確認されるまで同イベントの開始を延期する方針。

(Security NEXT - 2019/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
観光列車予約システムに不具合、別の顧客情報を表示 - 西鉄
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定