Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕

約2400万ユーロの仮想通貨(暗号資産)「Bitcoin」を盗んだ疑いで、イギリスやオランダで6人の容疑者が逮捕された。

欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、イギリス国家犯罪対策庁などが協力し、捜査にあたっていたもので、仮想通貨「Bitcoin」を盗み出した容疑で6月25日にイギリスとオランダで容疑者6人を逮捕した。

少なくとも12カ国で4000人が被害に遭ったと見られており、被害額は約2400万ユーロ、日本円にして約29億円にのぼると見られている。

容疑者らは、著名な仮想通貨取引所と類似したURLを持つフィッシングサイトを作成。ログイン情報を詐取し、ウォレットにアクセスして仮想通貨を盗んでいたという。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を