Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10

A10ネットワークスは、DDoS攻撃対策アプライアンス「A10 Thunder TPSシリーズ」にマルチベクトル型の攻撃へ動的に対応する新機能を追加した。

今回追加した「ZAP(Zero-day Automated Protection)機能」は、複数の手法を組みあわせたマルチベクトル型のDDoS攻撃を識別し、手動で操作することなく緩和処理を自動的に実施するもの。

同機能では、機械学習により動的に攻撃パターンを認識。異常な振る舞いを識別して攻撃を緩和するヒューリスティック分析を活用。同社の5段階の適応型緩和ポリシーエンジンと連携して動作する。

ハードウェアとして「SPE(Security and Policy Engine)」を搭載する「A10 Thunder TPSシリーズ」では、最大10万までのZAPポリシーをラインレートで処理することが可能で、それ以上のポリシーを設定した場合もソフトウェアで処理できる。

(Security NEXT - 2019/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
A10、セキュリティとアプリネットワーク機能を装備した「Thunder CFW」
A10、DDoS対策製品を機能強化 - クラウド転送に対応
A10、複数のセキュリティ機能を集約した「Thunder CFW」を発表
NTTコム、DDoS対策サービスを拡充 - パケットフィルタリングを追加
IPSやDDoSなど自由に選べる「SecureSoft Sniper ONE」
高レイヤーにも対応するハイブリッド型DDoS対策サービス