Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター

多摩北部医療センターの医師が利用するメールアカウントが不正アクセスを受けた問題で、医師が利用する業務用端末のマルウェア感染が原因であることが判明した。

当初、医師が利用する業務用端末や私用端末についてマルウェア感染の疑いが出ていたが、東京都保健医療公社によれば、その後の調査で医師が利用する業務用端末でメールの添付ファイルを開いたことにより、マルウェアに感染していたことが判明したという。

5月1日に受信したメールの添付ファイルを開封。「Emotet」の亜種と見られるマルウェアに感染した。マルウェアにより、端末のメールボックスに対するアクセスの痕跡が確認された。

窃取された情報は外部へ流出したと見られるが、暗号化されており、流出範囲の特定はできないという。メールボックスには患者情報が含まれる24件のメールが保存されていた。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
テレワーク実施者の約4割、「セキュリティ問題」がデメリット
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
セブン&アイHD、OpenIDによるアプリへのログインを一時停止