Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市でシステム障害、証明書など発行できず

大阪市においてシステム障害が発生し、各種証明書の発行が行えない状態となっている。

同市によれば、6月7日12時ごろより、同市統合基盤システムのサーバで障害が発生した。

同市区役所や市税事務所、サービスカウンターなどにおいて、証明書の発行などシステムで処理が必要となる業務がほぼ全面的に停止。同日の時点で復旧の見込みは立っていない。

今回のシステム障害で影響を受けた業務は以下のとおり。

住民票、印鑑証明書などの各種証明書の発行
印鑑登録申請
転出証明書の発行
国民健康保険証の発行
介護保険証の発行
医療券、保護決定通知書などの発行
重度障害者医療証の発行
こども医療証の発行
ひとり親家庭医療証の発行
敬老優待乗車証の発行受付
課税証明、納税証明、固定資産税評価証明など各種証明書の発行

(Security NEXT - 2019/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く