Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供

「Windows」のリモートデスクトップにおいて、ロック画面の認証をバイパスされるおそれがある脆弱性が明らかとなった。修正プログラムは用意されていない。

「Windows 10 1803」「Windows Server 2019」のリモートデスクトップで「ネットワークレベル認証(NLA)」を利用している場合に、リモート端末側でのロック画面における認証が回避される脆弱性「CVE-2019-9510」が明らかとなったもの。

ネットワークの異常などによってRDPセッションが一時的に切断され、自動的に再接続された際、リモート端末側の状態に関係なく、ロック画面が解除された状態で復元され、画面認証がバイパスされるという。

攻撃者がリモートアクセス元の端末を操作できる場合、わざとセッションを一時的に切断させることで、ロック画面をバイパスしてログオン後の端末にアクセスすることが可能となる。

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性