Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10

A10ネットワークスは、DDoS攻撃対策アプライアンスの上位モデル「A10 Thunder 14045 TPS」において対応する帯域を拡大する。

同製品は、大規模なDDoS攻撃に対応したDDoS攻撃防御専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の上位モデル。

同社の脅威情報を活用。さらに機械学習機能を搭載し、手動による設定は不要。ネットワークレイヤーからアプリケーションレイヤーまでのDDoS攻撃に対応している。

同製品では、従来最大300GbpsのDDoS攻撃へ対応していたが、第2四半期に提供する同社製品向けOS「ACOS」のアップグレードにより、最大500Gbpsまで拡張する。

より高い防御性能を求める声を受け、ハードウェアの性能を引き出すようOSを見直した。サポートサービスを契約していれば、無償でアップグレードでき、ハードウェアなど追加することなく設定のみで利用できるという。

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
アルテリア、DDoS攻撃対策サービスをリリース