Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破

フィッシング攻撃によるリスクが高まっている。5月はフィッシング攻撃の報告件数や悪用されたURL、ブランドのいずれも増加しており、なかでもURL件数は、過去最悪を記録した。

フィッシング対策協議会によれば、5月に寄せられたフィッシングの報告件数は3327件。前月2388件の1.4倍へと急上昇した。2月以降、4カ月連続の増加となる。

フィッシング攻撃で悪用されたURLは1297件。前月の1207件から90件増となる。今年3月に記録した1238件を上回る数字で、同協議会の調査開始以来最多を記録した。

悪用されたブランド件数も2件増加して42件。これまでもっとも多く観測された2011年5月の43件に続く数字となる。

20190605_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の動向(グラフ:フィ対協の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2019/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
フィッシング対策協議会、3月の報告会を中止 - コロナ感染拡大で
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協