Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を

東京オリンピック・パラリンピック競技大会の観戦チケットの抽選がはじまるなど、公式サイトへアクセスする機会が増えているが、公式サイトに類似したドメインが大量に取得されていることがわかった。

利用目的は定かでないが、金銭的な詐欺やフィッシング攻撃に悪用される可能性もあり、セキュリティ研究者が注意を呼びかけている。

早稲田大学の森達哉教授の研究グループが、同大会が利用するドメイン「tokyo2020.org」と類似したドメインの登録状況について調査し、結果を取りまとめたもの。

具体的には、1358のトップレベルドメインにおけるゾーンファイルを対象に、文字列「tokyo」「2020」の双方が順不同で含まれるドメインの登録状況について調べた。

条件に当てはまるドメインは5月27日の時点で956件。トップレベルドメイン別に見ると「.com」ドメインが404件と突出して多く、「.tokyo(189件)」「.org(95件)」「.net(68件)」「.info(44件)」が続いた。

(Security NEXT - 2019/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も