Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物放棄でパート従業員が書類送検 - 日本郵便

千葉県匝瑳市の八日市場郵便局のパート従業員が、郵便法違反の容疑で千葉地方検察庁へ書類送検されたことがわかった。

日本郵便関東支社によれば、同局へ勤務する時給制の契約従業員が5月16日、郵便物放棄の容疑により書類送検されたもの。同従業員は2018年8月中旬から2019年1月下旬までの間、郵便物288件を配達せず放棄していたという。

今回の問題を受けて、同局では対象の郵便物に関する差出人と受取人に謝罪。対応を進めている。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
職員が婚姻届など文書151件を持ち出し書類送検 - 清瀬市
元派遣社員がシステムを不正利用し外部に売却 - NTTドコモ
不正アクセス受けたネクソンの韓国子会社、個人情報保護法違反で書類送検
総務省がKDDIを厳重注意 - 個人情報保護法ガイドライン違反で
DION顧客情報流出事件で社内処分を実施 - KDDI
三洋信販を騙る架空請求を警告
関係者宅を家宅捜査 - 日能研個人情報流出事件
個人情報漏洩件数は51万件 - ジャパネット内部調査