Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府

大阪府立高校において、生徒の写真を掲載したウェブページのURLと閲覧に必要となるパスワードを、教員が誤って第三者へ送信したことがわかった。

同府によれば、5月12日、校外学習の様子を撮影した写真を掲載したウェブページのURLと閲覧のためのパスワードを誤送信したもの。校外学習の運営を担当する生徒1人にSMSで送信する際、送り先の電話番号を誤り、第三者へ送信した。

問題のウェブページには、校外学習で野外炊飯をしている生徒42人の写真76件が掲載されていた。

同月13日、教員が誤送信に気付き、学校へ報告。教頭が誤送信先に電話をして謝罪したうえで、誤送信したメッセージの削除を依頼した。

同校では、ウェブページに写真が掲載されていた生徒に謝罪するとともに、保護者に対し書面の配布や説明会などによる報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
返信用メアドを誤通知、子どもの個人情報が流出 - 岐阜県
首都大教員PCがマルウェア感染 - 実在企業名乗るメールで
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市