Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府

大阪府立高校において、生徒の写真を掲載したウェブページのURLと閲覧に必要となるパスワードを、教員が誤って第三者へ送信したことがわかった。

同府によれば、5月12日、校外学習の様子を撮影した写真を掲載したウェブページのURLと閲覧のためのパスワードを誤送信したもの。校外学習の運営を担当する生徒1人にSMSで送信する際、送り先の電話番号を誤り、第三者へ送信した。

問題のウェブページには、校外学習で野外炊飯をしている生徒42人の写真76件が掲載されていた。

同月13日、教員が誤送信に気付き、学校へ報告。教頭が誤送信先に電話をして謝罪したうえで、誤送信したメッセージの削除を依頼した。

同校では、ウェブページに写真が掲載されていた生徒に謝罪するとともに、保護者に対し書面の配布や説明会などによる報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大