Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同機構によれば、近畿支店において償還予定表や抵当権設定契約証書の写しなど、個人情報が記載された書類6件の所在がわからなくなっているもの。2月15日に判明した。

これら書類には、顧客の氏名や住所、契約内容が記載されており、あわせて9件の顧客情報が含まれる。

同機構は、外部から問い合わせなど寄せられていないことを理由に、内部で誤って書類を廃棄した可能性が高く、外部へ流出した可能性は低いと説明している。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構