Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー

ブロードバンドセキュリティとテリロジーは、産業用制御システムにおけるセキュリティ上のリスクを評価する「制御システム・セキュリティリスクアセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、重要インフラや工場、ビル管理の産業用制御システムを対象にリアルタイムのネットワーク監視を行い、セキュリティ上のリスクを評価するもの。

具体的には、米Nozomi Networksの産業制御システム向けセキュリティ機器「SCADAguardian」を活用して、対象システムの資産やネットワーク情報、脆弱性、通信の挙動などを可視化。解析結果に対してBBSec独自のフレームワークを用いてリスクを評価し、対策についてロードマップを提案する。

料金は、Standardプランが324万円から。Premiumプランが734万4000円から。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機