Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース

さらにフィルバッファにおける「マイクロアーキテクチャフィルバッファデータサンプリング(MLPDS)」の脆弱性「CVE-2018-12130」や、「マイクロアーキテクチャデータサンプリングアンキャッシャブルメモリ(MDSUM)」の脆弱性「CVE-2019-11091」が含まれる。

同社は、これら脆弱性へ対処したマイクロコードアップデート(MCU)をリリース。OS開発者や機器メーカーなどのパートナーにおける同コードを含んだファームウェアなどのアップデートの開発に協力。対象となる製品およびアップデートの提供状況を公開し、利用者へ対応を呼びかけている。

20190516_in_001.jpg
Intelが公開したガイダンス(一部)

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
米政府のサイバーアラートに見せかけた偽メールに注意
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース