Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース

Intelは、同社プロセッサの投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性4件が明らかとなったとして、マイクロコードアップデート(MCU)をリリースした。

投機的実行において情報漏洩が生じる脆弱性「マイクロアーキテクチャーデータサンプリング(MDS)」の脆弱性が明らかとなったとして、対処したもの。重要度は「中(Medium)」とレーティングしている。

関連する脆弱性は4件あり、いずれもローカル環境よりアクセス可能な認証されたユーザーによって投機的実行が可能となるという。

具体的には、ストアバッファに「マイクロアーキテクチャストアバッファデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12126」が存在。ロードポートで生じる「マイクロアーキテクチャロードポートデータサンプリング(MSBDS)」の脆弱性「CVE-2018-12127」が明らかとなった。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏