Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ

総務省は、「サイバーセキュリティ人材育成分科会」における第1次取りまとめ案を公開した。5月31日まで意見を募集している。

同省ではサイバーセキュリティタスクフォースに「サイバーセキュリティ人材育成分科会」を設置。セキュリティ人材の育成における課題の解決に向けて検討し、第1次の取りまとめ案を公開したもの。

同案では、人材不足にくわえて、人材は都市部に集中する傾向が強く、地方では一層厳しい状況にあると指摘。対策が弱い部分が攻撃者による標的となる可能性があり、「地域力」を結集させて人材の裾野を拡大し、底上げする必要であるとした。

地域におけるセキュリティ人材の現状と課題について、研修機会、組織体制、就業機会が偏在していると整理。そのうえで、地域におけるセキュリティ人材育成に向けた方策を取りまとめた。

同案に対する意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」、メール、郵送、ファックスで受け付ける。提出期限は5月31日17時必着。郵送の場合は同日必着となる。

20190515_so_001.jpg
第1次の取りまとめ案の目次

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進