Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ

脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いて「phpMyAdmin」を探索する行為が多数確認されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、3月に同社マネージドセキュリティサービスにおいて「IPS」「IDS」により観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

同社によると、従来の傾向と変わらず、3月はNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が多数観測された。全検出数の76.5%に達している。

多数を占めるこれら攻撃を除外すると、同月にもっとも多く検出されたのは脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いた「phpMyAdmin」を探索する行為で、18.7%にのぼる。ピークを迎えた3月13日は、ポーランドのIPアドレスを発信元とする攻撃が多数を占めていたという。

「phpMyAdmin」は、データベースの管理に用いるオープンソースのソフトウェア。脆弱性を突かれた場合、データの漏洩や改ざん、滅失などにつながるおそれがある。同社では、2月にも「WordPress」で「phpmyadmin」を利用するためのプラグインに対する攻撃を多く観測しており、手法は違うものの、データベースが標的となっている傾向が浮かび上がる。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も