Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県

佐賀県は、イベント出展企業のメールアドレスを関係者に流出する事故があったことを明らかにした。

同県によれば4月26日17時半前ごろ、「保護者向け県内企業合同説明会」の参加企業に対し、参加企業のメールアドレスが記載されたメールを誤って送信してしまったもの。

メールを作成した際、「BCC」欄に32社の担当者35人分のメールアドレスを入力。メールアドレスの内容を確認するため本文にコピー&ペーストした上で印刷など行い、後日確認できるようメールを保存しようとしたところ、誤って送信ボタンを押してメールを送信してしまったという。

送信から40分ほど経過後に担当者がミスに気付き、対象となる企業へ電話やメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅