Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供

一方、「ESET Dynamic Threat Defense」は、クラウド上でファイルを解析し、マルウェアを検出するサービス。

サンプルとの比較や異常分析を実施。サンドボックスによる振る舞い分析を行うとしているが、言語環境やファイルタイプに依存せず検査が可能だとしている。検出した理由など「ESET Security Management Center」より確認することができる。

250ライセンスを購入した場合、「ESET Enterprise Inspector」の年額利用料は1ライセンスあたり3067円。「ESET Dynamic Threat Defense」は年額1641円。

同社では、年内を目処に検出ルールのチューニングやレポートの提供、インシデント対応など、EDR運用サービスを開始する予定。また2020年にはマネージドサービスを展開し、2021年に売上100億円を目指すとしている。

20190423_cm_002.jpg
「ESET Dynamic Threat Defense」の流れ(画像:キヤノンMJ)

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ