Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン

QRコードなどを利用したいわゆる「コード決済」において、流出したクレジットカード情報が不正に利用された問題で、キャッシュレス推進協議会は、被害防止に向けたガイドラインを発表した。

キャッシュレス推進協議会は、経済産業省や関連企業なども参加する産学官による枠組みで、同協議会を通じて「コード決済における不正流出したクレジットカード番号等の不正利用防止対策に関するガイドライン」を策定した。

情報流出したクレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコードなどが、コード決済サービスにおいて不正に登録、悪用される問題が2018年末に発生。

「コード決済」は、従来のクレジットカードとは異なる使用方法であり、あらたなセキュリティ対策が必要であるとしてコード決済事業者、クレジットカード事業者など関係者が参加する検討会を立ち上げ、実施すべき基準を示すガイドラインの策定を進めていた。

20190417_cl_001.jpg

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
PayPay、不正行為対策で補償制度 - 利用者や加盟店の不安払拭目指す
「7pay」の不正利用で補償対応を開始 - クレカチャージはカード会社で対応
システム連携する決済サービスの不正利用対策に向けて検討会 - 経産省
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「7pay」が被害状況を更新、807人3860万円の被害を認定
「7iD」のパスワードを一斉リセット - セブン&アイHD
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec