Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正

Oracleは、CVEベースで297件の脆弱性に対応した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。

20190417_or_001.jpg
297件の脆弱性へ対応したOracle

「クリティカルパッチアップデート(CPU)」は、累積的なアップデートとして四半期ごとに提供しているもの。

今回対象となる製品は、「Oracle Database Server」や「Java SE」をはじめ、「Fusion Middleware」「PeopleSoft」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Siebel CRM」「Oracle Industry Applications」などで、多岐にわたっている。

297件の脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性は157件。また198件 に関しては、認証なくリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社では、利用者に対してサポートされているバージョンを確認し、アップデートを可能なかぎり早く適用し、脆弱性を修正するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2019年7月16日となる予定。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース