Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス

テクマトリックスは、マネジメントセキュリティサービス「TechMatrix Premium Support powered by TRINITY」を7月より提供開始する。

同サービスは、機器の運用管理と機械学習などを活用した相関分析による監視サービスを組み合わせ、ワンストップで提供するもので、同社セキュリティマネジメントサービスの最上位サービスとして提供する。

同社が販売した製品や保守契約しているネットワーク機器やセキュリティ機器で利用でき、自由に組み合わせることが可能。オンプレミスとクラウドをサポートし、ハイブリッド環境にも対応する。

台数による定額サービスとして提供し、年額料金は対象製品が5デバイスまでの場合で907万2000円から。

(Security NEXT - 2019/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS