Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論

複数の「VPNアプリケーション」で、「Cookie」を安全に格納しない問題が存在するとしてセキュリティ機関が注意を呼びかけている。一部ベンダーは脆弱性と認めておらず、反論している。

複数ベンダーのVPN製品で、認証やセッションの管理に用いる「Cookie」をメモリやログへ不適切に保存する問題が明らかとなったもの。窃取されると「なりすまし」に悪用されるおそれがある。

Palo Alto Networksが「Windows」や「macOS」向けに提供するVPNクライアント「Palo Alto Networks GlobalProtect Agent」で明らかとなったほか、Pulse Secureの「Pulse Connect Secure」やF5 Networksの製品についても同様の問題が指摘されている。

Palo Alto Networksでは、脆弱性「CVE-2019-1573」として対処。アップデートとなる「GlobalProtect Agent 4.1.1」をリリースした。それ以外のベンダーに関しては、1月に通知済みだが修正方法などの説明はないという。

(Security NEXT - 2019/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も