Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ

建築設備向けのCADソフトの開発、販売を手がけるNYKシステムズは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、一部が改ざんされたことを明らかにした。

同社によれば、ウェブサーバが不正アクセスを受け、サイトの一部内容が改ざんされたもの。閲覧すると外部サイトに誘導される状態に陥ったという。

4月9日にサイトの機能を停止して一時仮サイトを提供していたが、サーバ内に設置された不正プログラムを削除、再構築を実施したとして同月12日にサイトを再開した。

不正アクセスを受けたサーバにおいて個人情報は管理しておらず、今回の不正アクセスにともなう個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
「ソニーミュージック」の公式サイトが再開
オンラインモールのサードパーティ製管理ツールに不正アクセス
ソニーミュージックの公式サイトが改ざん - 原因は調査中
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん