Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市

沖縄県豊見城市は、個人情報が保存されたハードディスクが、2018年末より所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、2018年12月28日に行った新庁舎への引越作業の過程において、個人情報含むハードディスクが所在不明になったもの。

問題のハードディスクには、社会福祉課の業務に関する約1万8000人分の個人情報が保存されていた。新庁舎への移転後に復元できないよう処理した上で廃棄する予定だったという。

1月4日に紛失が判明。その後関係職員への聞き取り調査や庁内の捜索を行ったが見つからなかったとして、3月26日に警察へ届け、翌27日に国や沖縄県、関係機関へ報告した。

同市では、個人情報の外部流出は確認されていないと説明。再発防止に向けて、個人情報の管理に関する職員研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2019/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県