Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(琵環センター)の開発段階にあるウェブサイトが、意図せずインターネット上で閲覧できる状態となっていたことがわかった。個人情報も含まれるという。

同県では、同センターが収集した水質データや文献、研究データに関するデータベース「新環境情報システム」を提供すべく、3月中の完成に向けてウェブサイトの開発を進めていたが、意図せず外部に公開されていることが明らかとなったもの。

2月28日にメールで問い合わせがあり、問題が発覚。2018年12月11日から2019年3月4日にかけてインターネット経由で誰でもアクセスできる状態となり、検索サイトなどにも登録されていたという。

同サイトは同県委託先の藤野商事から再委託を受けた2事業者が作成。2019年1月よりデータのアップロードを開始し、画面構成や検索機能の確認作業を進めていたが、適切にアクセス制限が行われていなかったという。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に