Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?

「LINE」を装ったメールで利用アカウントに「異常ログイン」が生じているなどとだまし、フィッシングサイトへ誘導する攻撃が確認された。

20190306_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会が注意喚起を行ったもので、問題のメールは「LINE 重要情報」「LINE 緊急問題」などの件名で流通している。

フィッシングメールの本文では、アカウントで「異常ログインされた」などと説明。

安全確認のためにウェブページで検証するよう促し、本文内に記載したURLへアクセスするよう求めていた。誘導先のURLは複数確認されているという。

(Security NEXT - 2019/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導
象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
「楽天カード」のフィッシング - 不正ログイン通知を偽装
2段階フィッシング、偽ポータルから30の偽金融機関サイトに誘導
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
ジャパンネット銀を装うフィッシングに注意
「Yahooからのご挨拶です」と届くフィッシングメールに注意
りそなグループ狙うフィッシング - SMSで偽サイトに誘導