Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用

オンライン決済サービス「PayPal」を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20190228_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

攻撃に用いられたフィッシングメールは、「[大切] PayPal アカウントでの不審なログインアクティビティ - ケース」といった件名で出回っているもの。

メールの本文では、2月25日に「PayPal」のアカウントが登録されたなどと説明。心当たりがない場合はログインして確認するよう促すが、実際は偽サイトに誘導しようとしていた。

「検証が必要」との記載による偽サイトへのリンクでは、短縮URLを指定。その後の転送先として2件のURLが確認されている。

またメールの本文には、「誰かログインードがPayPalアカウントに登録されました」など、不自然な記載も見られた。

2月28日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではフィッシングサイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導
「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン