Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース

プロ野球球団の阪神タイガースは、メール経由で個人情報が流出した問題で、調査結果を公表した。

2月12日14時ごろ、同球団の業務委託先がチケットを案内する1369件のメールを送信したが、受信者とは関係ない個人情報が記載される問題が発生。翌13日に公表し、詳細について調査を進めていた。

同球団によれば、委託先が送信先のデータを編集した際、操作ミスがあったことが判明。氏名や電話番号などの個人情報とメールアドレスでずれが生じ、本来とは異なる個人情報が記載された状態でメールが送信されたという。

今回の問題を受け、同球団では対象となる顧客に対し、電話などで連絡を取り、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
テストメールで誤送信、生徒保護者のメアド流出 - 郡山市
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
美容グッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出で不正利用も
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
ビリヤード大会のエントリー締切メールで誤送信
日本酒定期購入サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市