Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化

テリロジーは、イスラエルのHarel-Hertz Investment Houseと提携した。同国での情報収集やベンチャー企業の発掘、イスラエル企業とのサイバーセキュリティ技術の共同開発などを強化したい考え。

Harel-Hertz Investment Houseは、同国に関するコンサルティングと投資業務を展開。今回の業務提携により、同社の事業内容にあった現地ベンチャー企業の発掘を加速させ、同社の取り扱いソリューションを拡充する。

また、イスラエル企業とサイバーセキュリティ技術の共同開発を行い、その成果を国内へ導入するほか、現地ベンチャー企業やベンチャーキャピタルとの関係を強化し、将来的にイスラエルに事務所を開設することも検討する。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業