Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策

ニフティは、同社が運営するMVNOサービス「NifMo」において、SIMカードの不正契約を防止するため、音声通話対応SIMカードの申し込みを電話のみに限定する。

同社によれば、フィッシング詐欺などで不正に取得した個人情報を使い、MVNOサービスにおいてSIMカードを契約する不正利用が多発しているという。

同社は対策として、NifMoにおいてウェブ経由での音声通話対応SIMカードの申し込みを停止。電話受付のみに変更した。

SMSを含むデータ通信のみ対応するSIMカードや機種変更、端末と同時の申し込みなどについては、引き続きウェブ経由でも受け付けるという。

(Security NEXT - 2019/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止