Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット

マクニカネットワークスは、米Menlo Securityのメールセキュリティ対策サービス「Menlo Security Advanced Email Threat Isolation」を提供開始する。

同サービスは、米Menlo Securityが2017年にリリースしたメールセキュリティソリューションをクラウドベースで提供するもの。クラウド上の仮想環境でメールの添付ファイルや記載されたURLを開封、解析することにより、端末へ脅威が侵入することを防ぐ。

Officeファイルといった添付ファイルを仮想環境でPDFへ変換、ダウンロードファイルとして提供する。パスワードが設定されたzipファイルにも対応。仮想環境でパスワードを入力して開封できる。国内で利用されている一太郎などにも対応したという。

一方URLについては、リスクスコアに基づき読取専用で表示したり、ブロックすることでフィッシングなどによる情報の窃取などを防止。また危険度に応じて注意喚起のメッセージを表示できる。

メールの添付ファイルにおけるアイソレーション機能、フィッシング対策機能をそれぞれ別のライセンスとして提供。1000人規模で導入した場合の参考価格はそれぞれ1ユーザーあたり7300円/年。

(Security NEXT - 2019/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応