Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化

NTTコミュニケーションズは、翻訳プラットフォームサービスにおいて、セキュリティを強化した「エンタープライズプラン」を提供開始した。

「COTOHA Translator」は、ニューラルネットワークを用いた機械翻訳技術をはじめ、日本語解析技術、およびみらい翻訳と情報通信研究機構(NICT)が共同開発した翻訳エンジンを活用した翻訳サービス。

今回追加したエンタープライズプランでは、利用者がアップロードしたファイルや翻訳結果のほか、利用者が登録した辞書やログインIDとパスワードなどの情報をすべて暗号化。翻訳処理中に一時的に抽出されたテキストログは保持せず、翻訳結果は利用者の指定期間経過後、自動的に削除する。

翻訳エンジンを含め、処理に関わるサーバ群すべてを利用者ごとの専有環境として提供。セキュリティの向上だけでなく、翻訳速度の安定性も増したとしている。

現在、英語と中国語に対応しているが、2019年度の第1四半期には多言語への対応を予定している。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS