Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化

NTTコミュニケーションズは、翻訳プラットフォームサービスにおいて、セキュリティを強化した「エンタープライズプラン」を提供開始した。

「COTOHA Translator」は、ニューラルネットワークを用いた機械翻訳技術をはじめ、日本語解析技術、およびみらい翻訳と情報通信研究機構(NICT)が共同開発した翻訳エンジンを活用した翻訳サービス。

今回追加したエンタープライズプランでは、利用者がアップロードしたファイルや翻訳結果のほか、利用者が登録した辞書やログインIDとパスワードなどの情報をすべて暗号化。翻訳処理中に一時的に抽出されたテキストログは保持せず、翻訳結果は利用者の指定期間経過後、自動的に削除する。

翻訳エンジンを含め、処理に関わるサーバ群すべてを利用者ごとの専有環境として提供。セキュリティの向上だけでなく、翻訳速度の安定性も増したとしている。

現在、英語と中国語に対応しているが、2019年度の第1四半期には多言語への対応を予定している。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール