Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け

攻撃キャンペーンでは、「ThinkPHP」の脆弱性「CVE-2018-20062」を悪用。「GETリクエスト」でコマンドインジェクションを実行し、「PHP」によるプログラムや、「Perl」で記載されたバックドアをアップロードするという。

さらに同じサブネット上や、あらたなIPアドレス空間に対して感染活動を展開し、リモートでコードが実行可能となる脆弱性を悪用。

具体的には、「JBoss」に明らかとなった脆弱性「CVE-2012-0874」「CVE-2010-1871」などの脆弱性や、「WebLogic」に関する脆弱性「CVE-2017-10271」「CVE-2018-2894」のほか、「Apache ActiveMQ」の脆弱性「CVE-2016-3088」や「Hadoop YARN」に対するエクスプロイトなども感染活動に利用している。

またPythonスクリプトを用いて事前に用意したリストにより、管理者画面へログインするためにブルートフォース攻撃なども行う機能を備えていた。

20190206_cp_002.jpg
「SpeakUp」の検知推移(グラフ:Check Point)

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
「McAfee DXL」に複数の脆弱性 - サービス拒否や情報漏洩のおそれ
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
「Chrome 72」が公開、セキュリティに関する修正は58件
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル