Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ最新版「Firefox 65」がリリース - 深刻な脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、最新版ブラウザ「Firefox 65」をリリースした。新機能の追加のほか、複数の深刻な脆弱性へ対応したという。

今回のアップデートでは、クロスサイトトラッキングの削除といった新機能を盛り込んだほか、CVEベースであわせて7件の脆弱性を修正した。4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性3件が含まれる。

「HTML5」の処理において、解放後のメモリを使用する「CVE-2018-18500」や、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-18501」「CVE-2018-18502」などを修正した。

重要度が1段階低い「高(High)」とされるメモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-18503」「CVE-2018-18504」やプロセス間通信(IPC)通信で権限の昇格が生じる「CVE-2018-18505」に対処。さらに重要度が1段階低い「中(Moderate)」の脆弱性1件を解消している。

また延長サポート版「Firefox ESR 60.5」では、「CVE-2018-18500」「CVE-2018-18501」「CVE-2018-18505」の3件について修正した。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート