Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存

ソリトンシステムズは、IoT製品のファームウェアにおける脆弱性調査を行うためのプラットフォーム「Centrifuge」を提供する。

20190129_so_001.jpg
製品の概要(画像:ソリトン)

同製品は、Refirm Labsが開発を手がける脆弱性調査プラットフォーム。

ソースコードに依存せず、コンパイル済みのファームウェアからコンポーネントを抽出。クラウドベースのプラットフォーム上で脆弱性や暗号鍵、バックドアなどの状態を自動的に解析し、レポートを提供する。

あらたに脆弱性情報が発行された場合にアラートを受信し、継続的に監視を行うことが可能。重要度に応じて警告を行えるほか、ファームウェアを構成するソフトウェアを確認できる。

サポートOSは「Linux」「QNX」「Android」で、今後は、「UEFI」「VxWorks」などをサポートする予定。価格は121万5000円から。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
委託先がメールを誤送信、詳細は調査中 - 阪神タイガース
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口