Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存

ソリトンシステムズは、IoT製品のファームウェアにおける脆弱性調査を行うためのプラットフォーム「Centrifuge」を提供する。

20190129_so_001.jpg
製品の概要(画像:ソリトン)

同製品は、Refirm Labsが開発を手がける脆弱性調査プラットフォーム。

ソースコードに依存せず、コンパイル済みのファームウェアからコンポーネントを抽出。クラウドベースのプラットフォーム上で脆弱性や暗号鍵、バックドアなどの状態を自動的に解析し、レポートを提供する。

あらたに脆弱性情報が発行された場合にアラートを受信し、継続的に監視を行うことが可能。重要度に応じて警告を行えるほか、ファームウェアを構成するソフトウェアを確認できる。

サポートOSは「Linux」「QNX」「Android」で、今後は、「UEFI」「VxWorks」などをサポートする予定。価格は121万5000円から。

(Security NEXT - 2019/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - サンウェル
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協