Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁

特許庁は、制度改正説明会の業務を委託しているオーエムシーにおいてメールの送信ミスがあり、参加申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同庁によれば、「意匠制度の改正に関する説明会」において東京会場の参加申込者へ1月18日にリマインドメールを送信したが、その際に誤って宛先にメールアドレスを記載するミスがあったという。

受信者間に849件のメールアドレスが流出したもので、同月21日に受信者から同庁へ問い合わせがあり、問題が判明した。

同庁では同社に対し、対象となる申込者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼するよう指示。事故の原因や再発防止策を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
成人の日対象者の個人情報を委託先が紛失 - 大阪市
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県