Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意匠制度改正説明会の申込者メルアドが流出 - 特許庁

特許庁は、制度改正説明会の業務を委託しているオーエムシーにおいてメールの送信ミスがあり、参加申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同庁によれば、「意匠制度の改正に関する説明会」において東京会場の参加申込者へ1月18日にリマインドメールを送信したが、その際に誤って宛先にメールアドレスを記載するミスがあったという。

受信者間に849件のメールアドレスが流出したもので、同月21日に受信者から同庁へ問い合わせがあり、問題が判明した。

同庁では同社に対し、対象となる申込者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼するよう指示。事故の原因や再発防止策を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先がメールを誤送信、詳細は調査中 - 阪神タイガース
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
つり番組サイトに不正アクセス - 「脆弱性診断ツール」を悪用か
学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電