Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も

プログラミング言語「Ruby」の普及啓発を推進する非営利団体のRubyアソシエーションは、Ruby技術者認定試験の合格者に関する個人情報が、インターネット上で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同団体によれば、Ruby技術者認定試験の電子版認定証の配布に利用しているサービス「Accredible」において、設定に問題があり、2017年5月16日以降、合格者の一覧が公開された状態になっていたもの。

1月20日23時ごろ、合格者から問い合わせがあり問題が判明。2017年4月1日以降の合格者815人の氏名とメールアドレスが閲覧可能だった。

2019年1月8日以降については、公開されたページへアクセスしたIPアドレスを確認でき、同団体と報告者によるアクセスのみ記録に残っていたという。

(Security NEXT - 2019/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市
高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
個人情報を市サイトで誤公開、差替後も閲覧可能 - 浦添市
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県