Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生向けのメールで誤送信が相次いで発生 - 同志社大

同志社大学において、メールの誤送信によるメールアドレスの流出が年末年始にかけて複数発生した。

同大によれば、2018年12月27日に奨学金受給者へ送信した事務連絡メールにおいて、誤送信が発生したもの。複数回にわけて送信したが、そのうち1回において送信先を誤って宛先に設定。メールアドレス150件が受信者間で閲覧できる状態となった。

また1月7日には、外国人留学生を対象とする講座の案内メールにおいて、送信先を宛先に設定して送信。メールアドレス52件がメール内に表示され、受信者に流出した。

同大では、対象となる学生に対し謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県