Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市

川崎市住宅供給公社において、市営住宅入居者などの個人情報含む資料が所在不明となっている。

市営住宅の管理を委託している川崎市によれば、2018年12月28日に公社の職員が市営住宅を巡回中に入居者の個人情報含む書類を紛失したもの。

紛失したのは2018年度の市営住宅入居者台帳で、入居者10世帯28人分の氏名や住所、電話番号、年齢、性別、生年月日、収入、障害の有無などのほか、連帯保証人12人の氏名や住所、電話番号、入居者との続柄などが含まれる。また、入居者の関係者15人分の氏名を含む対応記録も紛失した。

車での巡回中、荷物を運び込む際に書類を車両の屋根に置き、そのまま発進して紛失してしまったという。帰社後に気付き、移動経路を捜索したが発見できず、警察へ届けた。

同市では対象となる関係者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研