Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市

兵庫県神戸市の住民記録システムにおいて、12月25日8時過ぎに一時障害が発生し、住民の異動処理ができないなど一部影響が生じた。

同市によれば、住民票の記録などを行う住民記録システムで12月25日8時15分ごろより障害が発生、市内の全拠点でシステムが利用できなくなったもの。同日10時半過ぎに復旧した。

障害発生時、バックアップシステムへ切り替えたことで、証明書の発行に対応したものの、住民の異動に関する届け出の入力処理ができず、障害が生じていた約2時間に約100件の処理で影響が出た。

原因は調査中としているが、外部からの影響については否定している。

(Security NEXT - 2018/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
横浜市の住基ネット障害、手順書記載ミスで
プログラムミスで健診受診表1万7000人分に表記ミス - 富山県高岡市
マイナンバーシステムで連日障害 - 一部自治体で業務処理できず
自動交付機に不具合、住民票出力時に個人番号印字されず - 船橋市
新潟交通のICカードシステムで不具合 - 無料輸送で対応
定額給付金申請書で1113件の印刷ミスが発生 - 大田区
操作ミスでパブリックコメントの一部データを消失 - 大阪市
横浜市、35年にわたり誤って課税 - 同姓同名で取り違え