Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco ASAソフトウェア」に権限昇格のおそれ - アップデートが公開

Cisco Systemsのセキュリティアプライアンス「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)」のソフトウェアに権限昇格の脆弱性が含まれていることがわかった。

ウェブ管理機能を有効化したCisco ASAソフトウェアにおいて、権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2018-15465」が明らかとなったもの。重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」。

ユーザー認証に問題があり、本来権限がない利用者によって設定ファイルを取得されたり、機器に対してソフトウェアイメージのアップロードや置き換えが可能になるという。

同社では、脆弱性へ対処したアップデートを用意。利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も