Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ

東芝ライテック製ホームゲートウェイ2製品に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。OSのコマンドが実行されたり、機器の制御を奪われるおそれがあるという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「HEM-GW16A」「HEM-GW26A」のファームウェアにおいてOSコマンドインジェクション「CVE-2018-16200」や、認証情報のハードコード「CVE-2018-16201」、アクセス制御不備「CVE-2018-16197」など、あわせて5件の脆弱性が明らかになったもの。

脆弱性によって影響は異なるが、悪用されると任意のコマンドが実行されたり、機器を不正に操作されるおそれがある。

一連の脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの国分裕氏や一ノ瀬太樹氏、米山俊嗣氏らが情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

東芝ライテックでは、脆弱性を解消したファームウェアを公開。これら機器に対して2018年12月19日より自動更新を実施するとしており、自動更新を許可しない設定となっている場合は、自動更新を許可する設定に変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正