Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁

インターネット上の公開資料に本来含まれるべきではないデータが添付されていた問題で、資源エネルギー庁は、6月15日に公開した資料にも個人情報が含まれていたことを明らかにした。

総合資源エネルギー調査会の省エネルギー、新エネルギー分科会が12月13日に実施した会議の事前公開資料において、東北電力の提出ファイルに入札情報が誤って添付されていたことが先に明らかとなっているが、6月15日の会議資料においても同様のミスがあったことが12月17日に判明したという。

日本風力発電協会より提出されたPDFファイルを経済産業省のウェブサイトで事前に公開したが、ファイル上の画像をクリックすると、167事業者における担当者の氏名や連絡先など個人情報が記載された表計算ファイルが開く状態だった。

ファイルを提出した日本風力発電協会、同省ともに確認が不十分で、表計算ファイルが添付されていることに気が付かずに公開してしまったという。すでに問題のファイルはウェブサイト上より削除されている。

(Security NEXT - 2018/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市