Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性

NECプラットフォームズが提供する無線LAN対応ルータ「Aterm WF1200CR」「Aterm WG1200CR」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-16195」「CVE-2018-16194」や、情報漏洩の脆弱性「CVE-2018-16192」、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-16193」が明らかになったもの。

同脆弱性は、サイバーディフェンス研究所の永岡悟氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

NECプラットフォームズでは、両製品向けに脆弱性を解消したファームウェア「バージョン1.2.1」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性
Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消