Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀

住信SBIネット銀行は、本人確認用に顧客から預かった個人情報含む書類を、誤って別の顧客へ返送したことを公表した。

同行によれば、口座開設の手続きのために顧客から健康保険証のコピーと住民票の写しを預かったが、住民票の写しを別の顧客へ返送したという。

同行では、対象となる顧客に事情を説明して謝罪。ほかに同様の事故が発生していないか、調査を進めている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
メール誤送信で卒業生などのメアド流出 - 上越教育大
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター