Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀

住信SBIネット銀行は、本人確認用に顧客から預かった個人情報含む書類を、誤って別の顧客へ返送したことを公表した。

同行によれば、口座開設の手続きのために顧客から健康保険証のコピーと住民票の写しを預かったが、住民票の写しを別の顧客へ返送したという。

同行では、対象となる顧客に事情を説明して謝罪。ほかに同様の事故が発生していないか、調査を進めている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
小売電気事業者の顧客情報を誤って別事業者へ通知 - 九電
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
トライアスロン大会の案内メールで送信ミス - 五島市
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
誤送信で博士課程在籍者のメアドが流出 - 琉球大