Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀

住信SBIネット銀行は、本人確認用に顧客から預かった個人情報含む書類を、誤って別の顧客へ返送したことを公表した。

同行によれば、口座開設の手続きのために顧客から健康保険証のコピーと住民票の写しを預かったが、住民票の写しを別の顧客へ返送したという。

同行では、対象となる顧客に事情を説明して謝罪。ほかに同様の事故が発生していないか、調査を進めている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
商品不足知らせる謝罪メールを誤送信 - FM東京子会社