Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀

住信SBIネット銀行は、本人確認用に顧客から預かった個人情報含む書類を、誤って別の顧客へ返送したことを公表した。

同行によれば、口座開設の手続きのために顧客から健康保険証のコピーと住民票の写しを預かったが、住民票の写しを別の顧客へ返送したという。

同行では、対象となる顧客に事情を説明して謝罪。ほかに同様の事故が発生していないか、調査を進めている。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県